ほとんど『独り言』を文章にしてみました。 書いている我ながら“役に立たんなぁ”と。
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20100102000450
今年は元旦から、嫁さんの実家に行っている。
義弟夫婦も昨年末から来ていたので、ひとまず挨拶。

玄関には姪っ子が作ったらしき雪だるま。
滅多に雪が積もる場所ではないだけに、この積雪にはちょっとだけ焦る('◇';ゞ

甥っ子と姪っ子は、私たちの登場に、テンションの高ぶりを爆発させたいようだが、久々の再開に警戒レベルも高まっていた。

何かを探られているようで、何とも愉快w
お年玉を渡して、こちらも様子を探るが、強奪されておしまい。

しかし、夕飯後…。

『おじさ~ん!折り紙しよう!』と姪っ子。
おじさん(私)は、折り紙はのび太くんの次くらいに上手なのだが、敢えて知らない振りをして、教えを乞う。

舟を作り、家を作り、イカ飛行機を作り…
最後に手裏剣を作ることに。

うちの嫁さんが「何を作っているの?」と聞いたあたりから、姪っ子のスイッチが入る。

そんな、夜9時半。


『おじさん、手裏剣をいっぱい作って、夜中にみんなのお尻に刺していこう!』


…何を言うんだ?この4歳児は。

先日のサンタのときにも感じたが、幼児の“スイッチ”は、不思議なところにあるなぁ…と。

まぁ、それなりに話を合わせ、手裏剣を作らされるが、一向に終わりになる気配がない。むしろ、半狂乱(笑)に折り紙をハサミで半分に切り続けていく姪っ子。


さすがに、周囲が止めさせた。
気が付いたら、15個ほど手裏剣を作らされていました。

テロの片棒を担がされた、元旦の夜でした。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://tryagain.blog53.fc2.com/tb.php/964-cef48abf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。