ほとんど『独り言』を文章にしてみました。 書いている我ながら“役に立たんなぁ”と。
2013/01123456789101112131415161718192021222324252627282013/03
TOPフリーエリア
屋久島の体験ダイビング、トレッキングツアー、リバーカヤックはお任せください!
“屋久島ガイドクラブ”

独立系ファイナンシャルプランナーとして、お客様の立場で取扱保険会社31社の中からジャストなソリューションをご提供。
“アセットガーディアン株式会社”

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
唐突ながら、親父が亡くなって10日ほどが経った。
亡くなってから、葬儀までの3日間は、何が何だか分からないまま…。

病院から自宅への亡骸の搬送、葬儀会場の手配、近所の方々への葬儀に関してのお願い・準備、葬儀の遣いの送付、自宅への訪問客の応対、自宅から葬儀会場への亡骸の搬送、近所の方々への挨拶、通夜、本葬、喪主としての挨拶etc、etc...

泣いている暇もなかった。

そうでなくても、あれほど、親父の亡骸を見ても、葬儀の参列者を見ても、現実感が湧いてこない。
まだ自分でも受け止めきれていないんだろう。

ただ、何となく疲れている自分がいる。

ただ、どこかで自分の心の「タガ」が外れる時が、どうなるのか…。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。