ほとんど『独り言』を文章にしてみました。 書いている我ながら“役に立たんなぁ”と。
2008/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/08
TOPフリーエリア
屋久島の体験ダイビング、トレッキングツアー、リバーカヤックはお任せください!
“屋久島ガイドクラブ”

独立系ファイナンシャルプランナーとして、お客様の立場で取扱保険会社31社の中からジャストなソリューションをご提供。
“アセットガーディアン株式会社”

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080731234438
この3月までお世話になった職場から、思いもかけず暑気払いに誘われた。
なにかと仕事も行き詰まっていた時期だったので、誘われてみました(。-∀-)

前職場は、先日の豪雨でなにかと忙しそうだったが、(正直)お構いナシに飲ませてもらいました。
昨日も飲んだのだが、昨日の宴会よりも楽しかったかも(/--)/

ま、そんなこともある。

あ、とある集団の集まり…今日だったね。
連絡するの忘れてたorzサーセン。
スポンサーサイト
20080731004035
職場の労働組合の定期大会。
それはそれで、大切なイベント。馴染みある人も少ないとは思うけど…。
一応、単なる“シャンシャン会”ではなく、それなりに活達な意見交換もあり、それなりに満足のいく(?)形で閉会。

写真は、その後の慰労会から。最近、会議とかでは使わないホテルだったので、料理が少し気にかかったのだが、非常に品数も多く、満足のいくものだったと思います。

満足…ってことで、寝ます。
20080729063614
“とある集団”、お盆に向けての秘密会議も3回目を数えるが、未だネタが確定せずorz

昨夜も1時間近く皆で悩んだが、話がまとまらず、とうとう近所のT○UT○Y○に出向き、ネタを求めるが…。

いよいよ時間がないことに気が付いてきた。
この集団は、ここからが強いと思うが、如何に?
20080727210114
地元の夏祭りの夜空を彩る花火大会です。
朝から雨模様でしたが、ギリギリ持ち直し、盛大に上がってます。

“とある集団”でありながら、警備をせずに花火を見上げるのも一興です。
20080727092151
昨日から、地元の夏祭りです。
毎年、3日間の祭りなのだが、なぜか今年は2日間。
楽しみが一日減った気分。小学生並みの発言で、失礼。
でも、やっぱり、祭りの期間は一日でも長い方が…。

しかも、今までは地元の神社を祀る主旨だったものが、昨年から郷土の戦国武将を讃えるような祭りにシフトチェンジしちゃいました。
何となく問題のような気もしますが、何も分からない人にとっては『お祭り』ってことでいいのかもしれません。

さて昨日は、民謡流しがありました。職場で毎年参加しており、個人的には今年で10年連続の参加です。
ビールを飲みながら踊るので、疲れと酔いの回りが早いこと、早いことwww

踊り終わってから、さらに慰労会を行い、酔いに拍車がかかる。
しかもその後、後輩たちと何故かカラオケに逝く。

帰宅して2時。

今朝は非常に重たい朝を迎えています。
20080721213639
そういえば、一昨日ようやく梅雨明けしました。
そんなこともあってか、この3連休は非常に非情な暑さでございました。
去年を彷彿させるものがあるね。今日なんて、京都とかで最高気温が37.5℃だって( ̄0 ̄;

蒸発するねorz

日中、車を走らせていたら、川では鮎釣りしている人や、川岸でBBQしている人達がいた。

涼しそうだったなぁ…(;´д`)
20080720134838
スポーツ大会など“どこ吹く風w”で、昨日は過ぎていきました。

昨夜は当然、酒を浴びましたが…何か?

ま、思ったほど今朝は辛くなかったのが、幸いです。

…で、帰途に着くのですが、なぜか立ち寄ったのがJ○SC○。

20日だから!?www

なんだが、グダグダな2日間だった気もします。
まぁ、明日も休みなので取り戻そうと思っています(何を?)
20080719082636
職場の親善スポーツ大会に参加するため、朝早く出発。
向かうはSBT市。

朝から程よく(?)暑く、こんな日に運動するのも如何なものか…。

もう、頭の中は、夜の慰労会で染まっていますが…何か?
今から17年前の今日、祖母が亡くなった。
朝から物凄い土砂降りの日でした。

当時高校生の自分にとって、身内の、それもつい最近まで一緒に生活を営んでいた者の臨終の間際というものは、筆舌に尽くしがたいものであった。

ほんの1か月前までは、普通に生活していたのに、“その瞬間”には、周囲を身内に囲まれ。



病院のベッドの横で、お袋に「最期だから、触っておきなさい。」と言われたのを今でも忘れない。


何となく意味も分からず、けど怖くて、確りと祖母の手を触れることのできなかなかった自分を覚えている。



それでも、触れた。

もう、何だか分からなかった。

ただ、直ぐに手を引っ込めてしまった。



一通りの「儀式」を済ませ、医者から最後の宣告が告げられた。

涙が出なかった。
怖かったのか、悲しかったのか、現実を受け止められなかったのか、未だに分からない。

雨は一段と激しく降り続いた。

そんな日。
20080716213824
隣町の祭りにようやく参加。
今日は最終日。街中には屋台の姿もなく、とにかく“花火”でした。
国道沿いには、家族連れや若者(特に厨房)が多く見られました。

あ、それと、こんな田舎町の中心地では普段あまり見ることのない「人種www」。
どうして、祭りになると、湧いてくるんだろうね。

ま、それが祭りなのか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。